ここで紹介しているチームは、当店が過去に製作したチームの一部です。ここで紹介したチーム以外も製作出来ますが、このサイトで製作可能なレプリカユニフォームは当該球団が既に消滅し、登録商標の権利等の帰属が存在しないチームに限らせていただきます。詳しくは御相談下さい。

1955~59年の国鉄スワローズ・ホームユニフォームシャツ

この5年間は金田 正一投手の全盛期で、5年連続20勝以上の勝ち星を稼ぎました。

 

1967年の東映フライヤーズ・ビジターユニフォームシャツ

1967年の東映フライヤーズ・ビジターユニフォームです。1961~67年の7年間にわたって水原茂監督が指揮を執りました。その間、全てAクラスという素晴らしい成績でした。水原監督最後の年の’67年のみ、ビジターユニフォームがモデルチェンジしました。

1968年の東映フライヤーズ・ホームユニフォームシャツ

この年、水原茂前監督から大下弘新監督にバトンタッチされました。前監督のデータ野球から一変、自由奔放な大下野球でしたが、成績はあえなく最下位でした。

 

1949年の東急フライヤーズ・ビジターユニフォームシャツ

この年のユニフォームに限って、左胸に熊のマスコットマークが描かれていました。この熊のマークはこの年限りで姿を消しましたが、くしくも後裔の日本ハムファイターズで復活しました。

1955~59年の国鉄スワローズ・ビジターユニフォームシャツ

金田正一投手がエースとして君臨し、このユニフォームの5年間は全て20勝以上という素晴らしい成績でした

 

トンボユニオンズ ホームユニフォームシャツ

ビクトル・スタルヒン投手が川崎球場での対大映スターズ戦で史上初の通算300勝を達成した時、このユニフォームを着ていました。翌1956年にはチーム名を「高橋ユニオンズ」と改称しました。この’56年には、後に野球解説者として活躍する佐々木信也氏が慶大から入団し、大活躍しました。

大毎オリオンズ ホームユニフォームシャツ

1960年 田宮謙二郎 榎本喜八 山内和弘 葛城隆雄の強力クリーンアップで「ミサイル打線」と恐れられました

 
<<前の10件 1  2  3  4  5  6