ここで紹介しているチームは、当店が過去に製作したチームの一部です。ここで紹介したチーム以外も製作出来ますが、このサイトで製作可能なレプリカユニフォームは当該球団が既に消滅し、登録商標の権利等の帰属が存在しないチームに限らせていただきます。詳しくは御相談下さい。

1948年の急映フライヤーズのユニフォームシャツ

急映フライヤーズとは、現在の北海道日本ハムファイターズの前身です。実はこのユニフォームは、実際はボタンの代わりにジッパーを採用していました。本邦初のジッパーで脱着するタイプのユニフォームでした。ただ、このジッパースタイルはこの年限りで姿を消しました。

1957年の大映ユニオンズ ビジターユニフォームシャツ

1957年に高橋ユニオンズと大映スターズとが合併し、大映ユニオンズという球団が誕生しました。ただ、実際には高橋ユニオンズが大映スターズに吸収合併され、大映ユニオンズという新球団が誕生したというのが実情のようです。

1937~40年の東京セネタース ユニフォームシャツ

東京セネタースというチームは1936年に設立されましたが、承継球団が現れず、1943年に消滅しました。二塁手の名手・刈田久徳を中心とした内野守備は「100万ドルの内野陣」というニックネームがつきました。

1960~61年の阪急ブレーブス ホームユニフォームシャツ

このユニフォームは、当時のミルウォーキー・ブレーブスのスタイルほぼそのままです。なかなか洒落ていますね。さすがに左袖にはトマホーク(斧)マークではなく、勇者マークが付いていました。

1936~37年の名古屋金鯱のユニフォームシャツ

1936年の2月、アメリカ遠征に向かう東京ジャイアンツの試合が名古屋で開催されました。対戦相手は名古屋金鯱。これが記録に残る限りでは、本邦初のプロ野球チーム同士の対戦で、名古屋金鯱が勝利しました。

1938~40年のイーグルスユニフォーム

1937年の創設初年の秋季リーグで大躍進を遂げ、やがて江戸前野球というキャッチコピーも付けられる人気チームとなりました。このユニフォームはおそらくビジターと思われます。残念ながら継承球団も現れず、1943年に解散しました。

1966年東京オリオンズ  ホームユニフォームシャツ

ニューヨーク・ヤンキースを意識したシックなユニフォームがこのチームの伝統でしたが、この年は配色に赤を多用した明るい感じのユニフォームにモデルチェンジしました。ただ、このデザインはこの年限りで、翌年はロサンゼルス・ドジャース風のユニフォームに変わりました。

1973年の大洋ホエールズ ビジターユニフォーム

この年から、大洋ホエールズのユニフォーム生地がニットになりました。ただ、このデザインのユニフォームはこの年限りで、翌’74年からはオレンジとグリーンのユニフォームにモデルチェンジしました。

1937~40年のライオンユニフォームシャツ 白

1937~40年のライオンユニフォームには、この白のユニフォームと、商品No.29で出品しているグレーユニフォームの2種類あったようです。

1950~51年の中日ドラゴンズ ビジターユニフォームシャツ

中日は戦前の名古屋軍の時代に縦縞ユニフォームを使用していましたが、戦後はこの時期の2年間と1998年のサンデーユニフォームの時に縦縞ユニフォームを使用しました。