ここで紹介しているチームは、当店が過去に製作したチームの一部です。ここで紹介したチーム以外も製作出来ますが、このサイトで製作可能なレプリカユニフォームは当該球団が既に消滅し、登録商標の権利等の帰属が存在しないチームに限らせていただきます。詳しくは御相談下さい。

1945~46年のセネタースのユニフォームシャツ

セネタースとは1945~46年のたった2年の命のチームで、後年の北海道日本ハムファイターズです。1946年には、青バットの大下 弘選手の豪打が一世を風靡しました。

1947年の国民野球連盟の大塚アスレチックスユニフォームシャツ

戦後まもなくの1947年に日本野球連盟に対抗する形で誕生した国民野球連盟というリーグに属していた「大塚アスレチックス」というチームのユニフォームです。国民野球連盟というリーグはわずか1年の命でした。

1937~40年のライオンユニフォームシャツ

ライオンはその後、紆余曲折を経て横浜Denaベイスターズになります。このユニフォームはホームかビジターか不明ですが、グレーなのでおそらくビジター用だと思われます。

1950年 西鉄クリッパーズ ユニフォームシャツ

昭和25年には西日本新聞社が西日本パイレーツを創設し、一方、西鉄は西鉄クリッパーズという球団を創設しました。クリッパーとはパン・アメリカン航空で使われていた飛行艇の名称だそうです。

1950年の西日本パイレーツ ビジターユニフォーム

プロ野球が2リーグに分立した昭和25年、福岡に二つの新球団が設立されました。そのうちの一つが西日本新聞が親会社の西日本パイレーツです。

1946年のゴールドスターのユニフォーム

1946年のゴールドスターのユニフォームです。ホーム・ビジターの別は不明です。 ゴールドスターはその後、二転三転して千葉ロッテマリーンズになります。

1946年のパシフィックユニフォーム

1946年のパシフィックというチームのユニフォームです。ホームかビジターかは不明です。パシフィックとは横浜Denaのはるか昔の前身のチームです。

1949年の大陽ロビンス ビジターユニフォームシャツ

大陽ロビンスとは横浜ベイスターズのはるか昔の前身です。このチーム名は1年限りで、翌年からは松竹ロビンスになりました。

大日本東京野球倶楽部のユニフォーム

大リーグ・オールスターチームと対戦した全日本チームを母体として結成された大日本東京野球倶楽部のユニフォームです。漢数字の背番号は空前絶後 今では考えられませんね

1973年後期の近鉄バッファローズ ビジターユニフォーム

近鉄ユニフォームというと、翌74年から13年の長きに渡って使われた赤いラグランスリーブが有名ですが、これはその前年にわずか半年だけ着用された幻のユニフォームです