ここで紹介しているチームは、当店が過去に製作したチームの一部です。ここで紹介したチーム以外も製作出来ますが、このサイトで製作可能なレプリカユニフォームは当該球団が既に消滅し、登録商標の権利等の帰属が存在しないチームに限らせていただきます。詳しくは御相談下さい。

1958~59年の大阪タイガース・ビジターユニフォーム

1959年の6月25日、天皇陛下が後楽園球場のジャイアンツvsタイガース戦を観戦されました。いわゆる「天覧試合」です。御存知のように、同点の九回裏、長嶋茂雄選手が村山 実投手かられレフトスタンドに劇的なサヨナラホームランを放ちました。この時、村山投手が着ていたのがこのユニフォームです。

1936~37年の大東京ユニフォーム

大東京とは、現在の横浜Denaベイスターズの遥か昔の前身のチームです。このユニフォームはホームかビジターかは不明です。それにしても、最近はユニフォームの左片胸 マークをさっぱり見なくなりました。調べた限りでは、1998年に中日がホームゲームで限定的に着用したのが最後です。

1961~62年の国鉄スワローズ ホームユニフォームシャツ

この年から、スワローズのユニフォームの胸マークやラインに赤色が採用されました。この傾向は、連綿とという程ではありませんが、現在のユニフォームの配色にも受け継がれています。

1960~61年の阪急ブレーブス  ビジターユニフォームシャツ

この2年間のユニフォームは当時のミルウォーキー・ブレーブスのスタイルを完全に模倣していました。余談ながら、このユニフォームパンツには腰番号が付いていました。

1974~77年の大洋ホエールズ ビジターユニフォームシャツ

大洋ホエールズは’74年から4年間、キャンプ地の静岡県の特産品のミカンとお茶の色にちなんだ配色のユニフォームを使用しました。このホームユニフォームはお茶にちなんだグリーン色でした。

1974~77年の大洋ホエールズ ホームユニフォームシャツ

大洋ホエールズは’74年から4年間、キャンプ地の静岡県の特産品のミカンとお茶の色にちなんだ配色のユニフォームを使用しました。このホームユニフォームはミカンにちなんだオレンジ色でした。

1965年の阪急ブレーブス ビジターユニフォームシャツ

1963年に西本幸雄監督が就任して、ビジターユニフォームはそれまでの紺に白のストライプから、このグレーユニフォームにモデルチェンじしました。このユニフォームで1967年にチームは悲願の初優勝、その後三連覇を遂げた縁起のいいユニフォームです。

1977年の南海ホークス ビジターユニフォームシャツ

この年の9月、野村克也監督の解任が突然に発表されました。思えば野村克也氏は1954年から24年の間 南海に在籍し、1970からの8年間は監督兼四番打者の二足のわらじを履いていました。

1937~38年の名古屋ユニフォームシャツ

名古屋とは、1936年に創設されたチームで、1946年には中部日本ドラゴンズに改称され、1948年には現在の中日ドラゴンズになりました。これはおそらくビジターユニフォームと思われますが、戦前のユニフォームにしてはかなり派手なデザインですね。

1954年の洋松ロビンス ビジターユニフォームシャツ

1953年に松竹ロビンスは大洋ホエールズと合併し、大洋松竹ロビンスというチームが誕生しました。ただ、松竹は合併翌年の1954年限りで球団経営から撤退し、1955年からは球団名は「大洋ホエールズ」になりました。