ここで紹介しているチームは、当店が過去に製作したチームの一部です。ここで紹介したチーム以外も製作出来ますが、このサイトで製作可能なレプリカユニフォームは当該球団が既に消滅し、登録商標の権利等の帰属が存在しないチームに限らせていただきます。詳しくは御相談下さい。

1949年の大陽ロビンス ビジターユニフォームシャツ

大陽ロビンスとは横浜ベイスターズのはるか昔の前身です。このチーム名は1年限りで、翌年からは松竹ロビンスになりました。

大日本東京野球倶楽部のユニフォーム

大リーグ・オールスターチームと対戦した全日本チームを母体として結成された大日本東京野球倶楽部のユニフォームです。漢数字の背番号は空前絶後 今では考えられませんね

1973年後期の近鉄バッファローズ ビジターユニフォーム

近鉄ユニフォームというと、翌74年から13年の長きに渡って使われた赤いラグランスリーブが有名ですが、これはその前年にわずか半年だけ着用された幻のユニフォームです

1945~48年の大阪タイガースユニフォーム

戦後の物資不足のせいでしょうか、このユニフォームは背番号だけという珍妙なスタイルでした。このユニフォームはホーム用かビジター用か不明です。

1973年の日拓ホームフライヤーズ・ホームユニフォーム

日拓ホームは’72年に東映から球団経営を引き継ぎ、’73年の1年間だけ「日拓ホーム・フライヤーズ」として存続しました。’73年の後期にはあの幻の「七色のユニフォーム」が披露されました。

1976年後期 太平洋クラブライオンズ ビジターユニフォームシャツ

'76年前期のアメリカンフットボール型ユニフォームは不評で、この年の後期のビジターからスポンサーの太平洋クラブのロゴマークが付いたユニフォームスタイルに戻りました。

1955~59年の国鉄スワローズ ホームユニフォーム 布帛生地

御客様の御希望で、当時使われていた「布帛」という伸縮性の無い素材で製作しました。ユニフォームの色も、白ではなく「生成」という当時の色調を再現しました。正に当時の復刻版です。

1976年後期 太平洋クラブライオンズ ホームユニフォームシャツ

’76年前期のアメリカンフットボール型ユニフォームは不評で、この年の後期からは通常のユニフォームスタイルに戻りました

1976年前期 太平洋クラブライオンズ ビジターユニフォームシャツ

胸マークの代わりに大きな胸番号というアメリカンフットボールタイプのユニフォームのビジター版!本邦初のデザインでした。

1976年前期 太平洋クラブライオンズ ホームユニフォームシャツ

胸マークの代わりに大きな胸番号というアメリカンフットボールタイプのユニフォーム!本邦初のデザインでした。